Meet Our People

社員紹介

商品開発

野村 苑香
2009年入社

都内の数店舗で販売に携わったのち、雑貨商品開発部に異動。第一子の産休育休で店舗を離れ、1年半後に復職。インテリアアクセサリー部門で働く。第二子の産休育休を経て、現在も同部門に勤務。

誰からもずっと愛されるFrancfrancをつくるため、
期待の先を行く商品を生み出したい。

店舗経験や産休・育休を経て、
さらに広がった自分のキャリア。

大学ではインテリアデザインを専攻。当時から大好きだったFrancfrancで、人の暮らしを提案する企画やデザインがしたいと考え、入社を決めました。キャリアのスタートは、店舗を知るための販売から。3年間で2店舗を経験したころ、第一子を授かり、産休に入りました。1年間の育休を経て復職するタイミングで、商品企画担当として会社に戻ったんです。
当時からずっと、一貫してインテリアアクセサリー部門を担当しています。バス・キッチン、家具、ファブリック以外のすべてに対応する、幅広いカテゴリーです。たとえば、屋内に飾る絵やオブジェ、生花などのディスプレイから、ジュエリーボックスのようなギフト雑貨まで、商品もさまざま。ルールや縛りがないため、いつも新しいアイディアを出し、これまでにない商品を作っていかなければいけない部署です。

Francfrancでしか買えないものをつくるために
前例のないアイディアを。

私たちはいつも“Francfrancらしいもの”をつくりたいと思っています。よりよい質感だったり、ほかにはない機能だったり……私たちのお店に来たからこそ買える、付加価値のあるものを提供していきたい。そのために、お客様のニーズを探りながら、前例のない商品を考えていくんです。
デザインのこまかな部分には、店舗での販売経験が役立ちます。値札シールをはがれにくく作ってしまうと、ギフトにしづらい。暗い色の商品はシックで素敵だけれど、ディスプレイには映えない。そういう気づきは、店舗にいたからこそストックできたものです。
そうやって自分たちの手がけた商品が世の中に出ていく瞬間は、何度迎えてもドキドキするし、やりがいを感じます。数字となって結果があらわれるのはもちろん、店舗スタッフから「すごく好きな商品だから、よくお客様に勧めます」と言われるのも、本当にうれしいですね。

同じカテゴリーを突き詰めることで、
さらなる可能性を探っていく。

製造小売のFrancfrancでは、お客様の声がダイレクトに届きます。それは商品企画という職種において、大きなメリット。たとえば、ジュエリーボックスやフォトフレームは、以前まで茶色い箱に入っていました。でも、ビジュアルが地味だから、贈り物にしにくいという声が多かった。そこで、化粧箱やクリアのパッケージを採用したら、ギフト需要も増えたし、店舗でのディスプレイも華やかになったんです。お客様にも店舗にも近い製造小売だからこそ、ただ商品を“作って終わり”にならず、次につながる改良ができる。そういう積み重ねでデザインスキルを磨きながら、お客様の予想を超えるような商品を生み出していきたいですね。
商品開発部に異動して4年になりますが、チャレンジできることはまだまだある。ほかのジャンルと連携して、お部屋のトータルコーディネートをするような施策も含め、インテリアアクセサリーの可能性を、さらに追求していきたいと思っています。

My Core Value

全員でよいパフォーマンスをするために、
仲間と信頼関係を築く。

自分ひとりでできる仕事はないし、子育てでどうしても出社できない日もあります。だからこそ、仕事を円滑に進めるために、日々のコミュニケーションを大事にしたい。信頼関係ができていれば、お互いに自然と助け合えるんですよね。意見をかわしあうときも同じです。開発会議などで思いきり意見が割れても、気まずくなったりしないで、建設的な話し合いができる。そんな、働く仲間とのここちよい関係を大切にしたいと思っています。

My Week

私の1週間

Monday
午前中は、1週間のTodoを整理。午後からは前週の売上を確認するなど、デスクワークをがんがん進める。
Tuesday
インテリアアクセサリーチームの定例ミーティング。商品をもっとよくするため、アイディアを出し合う。
Wednesday
商品を生産するための発注確認会議。たくさんの店舗で販売してもらうため、プレゼンにも気合いが。
Thursday
デザインのアイデアをもらうために外出。マーケットリサーチに!
Friday
今週クリアできたTodoをおさらいして、上長に報告。来週進めていく仕事のチェックも忘れずに。
Saturday
週末はお休み。ひととおりの家事を済ませたあとは、家族で公園に行ったり、外食を楽しんだり。
Sunday
長女をピアノに送り、レッスン中はつかの間の自由時間。午後からは家族でドライブや美術館などに。