Meet Our People

社員紹介

販売促進

廣田 亜優
2009年入社

都内の3店舗で販売を経験したのち、経営企画部に配属。MBOや資本業務提携といった会社が大きく動くタイミングで、予算編成や理念の浸透などに携わる。9年目に販売促進チームへ異動。

デザインで暮らしに寄りそうFrancfrancの魅力を、
丁寧なコミュニケーションで伝えていく。

企業理念を実現させるために、
ブランドの根幹を見つめ直した。

Francfrancに入社したきっかけは、企業理念の「VALUE by DESIGN」に感銘を受けたこと。“デザインによって毎日をより楽しく、より豊かに”――その理念を実現させるため、ブランドがお客様の生活に寄り添えるよう、認知を高めていく仕事がしたいと思いました。店舗で販売経験を積んだあと、3年目で経営企画部に異動。会社の課題を解決するために、ブランド全体を見ながら舵を取っていく部署です。Francfrancのアイデンティティや世の中の流れを見つめ直し、お客様の声を聞きながら、会社のミッションを考える。入社時に希望したとおり、ブランドの根幹に関わる仕事を早くから経験できて、うれしかったですね。
いまは、マーケティングコミュニケーション部で販促を担当しています。季節のテーマやモチベーションに合わせて、お客様に楽しくお買い物していただけるように、販促の企画を考える仕事です。さまざまなツールやイベントなどを取り入れて、お客様とのコミュニケーションを深めています。

ダイレクトな反応が見える時代だからこそ、
草の根運動でも面白い。

販促の仕事は、草の根運動のように、ブランドのよさを地道に伝えていくこと。より親しんでいただけるブランドをつくるために、お客様の立場に立って、商品を購入することで得られるメリットを考えていくんです。いまはSNSのおかげで、お客様のリアクションをダイレクトに見られるため、販促の面白さが増していると思います。
たとえば2017年にデビューした『マスターレシピ』は、上質な商品をお求めやすい価格で提案する新シリーズ。商品開発部のこだわりが詰まった商品だからこそ、私たち販促もしっかりと応えたい。お客様がマスターレシピを手に取る必然性を感じていただけるように、さまざまな販促施策を考えました。マスターレシピを実際に使ってもらう「ナビゲーター」を起用したのは、ユーザーのリアルな視点を発信するための試み。当社ではいままでになかった取り組みで、シリーズの良さを伝えられたと感じています。

練りに練ったプランを世に出せる、
ワンストップの強み。

Francfrancは製造小売なので、どんな背景でどんな商品がつくられているのか、企画段階で情報が共有されます。商品が世に出るまでの時間が短いほど、できることは減っていく。早いタイミングで販促に着手でき、そのぶんたくさんのプランが出せる当社の環境は、理想的です。たとえば、クリスマスの販促が終わった瞬間から翌年のクリスマスのことを考えられるのは、商品開発から販促までを自社で担っているからこそのメリットだと思います。
昨年からは、マネジメントを任される立場となりました。チャレンジしたい人に優しく、挑戦を後押ししてくれるFrancfrancで育ってきた私も、後に続くメンバーにチャンスを与えていきたい。そうやってチームとして強くなれば、ブランドについて考える時間や機会が、たくさん持てるようになると思います。インプットの量や内容がアウトプットに直結する職種だからこそ、そんな時間も大切にしています。

My Core Value

リアルなお客様の声を聞き、
真摯に向き合う。

他社ブランドのことを勉強したり、マーケットリサーチに行ったりするのは、とても大事な時間です。Francfrancの店舗にも、お客様に扮してよく出かけます。商品を見たときの反応や、接客に対する感想などを、こっそり立ち聞きしていることも(笑)。お客様と同じ目線に立つことで、お客様の声と真摯に向き合っているんです。

My Week

私の1週間

Monday
週末のイベントにどんなリアクションがあったか、SNSなどのデータをチェック。次の動きを考える。
Tuesday
部署ミーティング。今週の行動予定やTodoをシェアして、販促チーム内ですりあわせる。
Wednesday
他社ブランドの担当者にお会いして、今後のコラボレーション企画について打ち合わせ。
Thursday
年間の販促計画や、企画をプレゼンするための資料などを制作する日。集中してデスクに向かう。
Friday
「こんなことがやりたい」「最近これが気になってる!」など、部署メンバーで自由にディスカッション。
Saturday
お休み。気になる駅にふらりと降りて、周辺を徒歩で散策。街並みを楽しんでリフレッシュ。
Sunday
お休み。公園で開催されているイベントや美術館にお出かけ。料理が好きで、おかずを作り置きすることも。